30代ゲイのブログ

30代ゲイ独り身の考え方のまとめ

人見知りなんて言ってる場合じゃない

ってことでブログの名前を変えました。


心機一転。最近、改めて言われて確かにそうだなーって思ったことを

記録。

⭐️

好きな人にはもっと積極的に好意を表現しよう!

⭐️


当たり前っちゃ当たり前だけど

僕はぜんぜんできない。


考え方が

そもそも、どうせ僕なんてって考え方がこびりついてる

コンプレックスもあるだろうし、プライドも高いせいだと思う。


コンプレックスでいうと

薄毛とか学歴とかいろいろ

(あえて書いてみましたw)


知り合いに

恋愛に限らないけど、好きな人ができたら

その人のことをもっと知りたいと思うし、自分のことを知って欲しいと思う


それでうまくいくかうまくいかないかは

その人との相性だからと


僕は

自己肯定感が低いしプライドが高いからか


相手のことを知るのにも躊躇するし

自分のこともなかなか言わない。


こんなんだから人付き合いが下手くそなんだと思った。


けど人間なんてコンプレックスの塊だし自信なんてないだろうし

それをどうやって乗り越えていくか

ちょくちょく休憩もしでもいいと思うし、


もう少し自分のプライドとかコンプレックスとか、自分ってどんな人なのかってのに

ちゃんと向き合っていかなきゃなーって

思いました。


文章めちゃくちゃですが備忘録なのでご容赦くださいw


診療を終えました。

とりあえず

11月から精神科に通ってたんですが、

4月で先生と話し合って、一旦終了。


だいぶ精神的に落ち着いてきたのと

感情のコントロールが少しはできるようになってきたので。


本当に良かったです

いまは眠剤は使わず、普通の生活をしてます。


今のコロナ禍で

病院にも行かず、不安定な状態だったと考えると、、、


今は、定期的に連絡する人も何人かいるので大変な時期ですがなんとかやってます。、

コロナの影響

今だからこそ

いろいろ言える相手がいるっていうのはありがたい。


友達であれ相方であれ。


周りも大きく状況が変化してる。


幸いまだそんなに僕のところには影響はきてないが、時間の問題だと思う。、


ゲイの世界、結構クローズなところで生きてるから、余計思う。

もう友だちいらないなんていわない。

タイトル通りです。


なんかこのブログを始めたのが

だいたい一年前くらいなんですが、


このブログの名前からし

今思うと病んでますね。、


たぶん、この病んでる状態が3年くらい前からあったんだと思います。

過去の手帳の日記なんか読んでるとわかります。


ここ最近ようやく落ち着いてきました。


友だちも、多いわけではないですが、

ひとりひとり大切にしないと、自然と思えるようになってきました。



久しぶり

精神科に通うようになって早3か月が過ぎた

通う前に比べたら、だいぶ改善されたような気がする。

特に、担当医に悩みを聞いてもらったわけではないが、きちんと睡眠と運動、食事を気をつけること、特に睡眠については薬の力を借りながら改善を試みた。

今でも薬はほぼ毎日服用してるが、
おかけでようやく心穏やかな日が続いている。

睡眠って大事。

そして後大事なことは、適度に人と会うこと。特にゲイの人と。

ナイモンでもいいし、ゲイバー でもいい。

僕の場合は、バーで出会って仲良くなった人とは、食事に行ったり、バーに一緒に行ったりしている。

バーの出会いは別物と、バー以外では会わないことが多かったが、改めることにした。

今後は
なるべく自分のダメなところを認識して、
直すよう心がけながらも、包み込んでくれる人と出会いたい。

なんかよくわからん文章になったw

追記

改めてブログに書くと

めちゃめちゃ性格の悪い、空気が読めない人みたいになってる


実際はそんなに酷くないって思うけど


それすら某友人から言わすと、

そういうことは他人が決める!と怒られたことがあるw

注意をされる

年齢を重ねると注意や指摘されることが少なくなる


だからこそ

それらをしてくれる人はありがたいって

思う。と某友人の言葉。


僕の場合はいい歳してすぐ怒ったり拗ねたりしてしまうので、なかなか難しい。


けど、ほんとその通りだなと思いもするので、そんな人に出会ったら大切にしなきゃなと思う。


先日、ある人に、

あの時の発言はあり得ないから!って怒られた。

自分は怒らすつもりではなく、むしろ楽しませるつもりの一言が人を激怒させる。


こういうことが

二度三度じゃないから

反省していないってなる。


難しいなー難しいけど

人がなぜ怒ったのかきちんと考えれるようにしたい。

そしてわざわざ怒ってくれた友人を大切にしたいし、感謝できるひとでありたい。